毛穴の中に化粧が残る

綺麗に洗顔したつもりでも毛穴の中には汚れが残っている

水道料金

妹の家族が今度引越しをするようで、県は決まっているのですがどこからもアクセスが便利なので果たしてどこの市に引っ越したら便利か住宅選びがそのレベルからのスタートでした。範囲が広すぎえてそれは悩みましたよ。何度も今日はこの近辺、明日は隣の市といったように車で散策して町の雰囲気や利便性を調査していたようで毎日大変だな~と遠くから見ていました。姉として私がサポート出来る事もそれほど多くはないのですが、ネットで例えば税金関係や、医療費等のサービスの事、細かいことを言えば中学校が完全給食か?といったところ等を調べて妹にアドバイスしました。お母さんにとって中学校が完全給食かどうかって結構大切ですよね。初めて知ったこともありました。それは水道料金です。全国一律だと思いませんか?違うんですよね。今更ながらに知ったのは私だけかもしれませんが、例えばダムの近い比較的水量が豊富な地域は水道料金が安いんです!逆に川も流れておらず貯水する環境がない地域は水道料金が1.5倍ぐらいはねあがえるんです。どうしてもという時は断水があったりするのでこれも大切なポイントですよね。なるべく水量が豊富で料金が低い土地を選ぶのも一つの要素だと思います。選択肢が多すぎるのも問題ですが時間さえ許すのなら色々な視点からその土地のことを調べてみるのは大切だと実感しました。

印鑑の種類

印鑑は、捺されていれば本人が了承・契約したものとして効力を発揮するもので、とても大切な役割を果たしています。

最も有名な印鑑 象牙であるかもしれません。
印鑑には様々な種類があり、登録の有無や用途で使い分けをします。

最も重要であるとされている印鑑が、実印といわれているものです。
実印とは、住民登録をしている市町村の役所や役場に、印鑑登録の申請をして、受理されたハンコのことをいいます。
実印は財産や権利を守ってくれる大切な印鑑です。

金銭関係に使用するのが、銀行印です。
金融機関の預貯金口座開設や金銭の出納に使用する重要なハンコですが、法律的には銀行印という特定のものは存在しません。

印鑑登録をしていないハンコのことを認印といいます。
印鑑証明のいらない書類作成や宅配便など、日常的に多く使用します。

文字の誤りを訂正する場合に使用するハンコを、訂正印(簿記印)といいます。
訂正する際に、誰が訂正をしたものか、責任の所在を明らかにするためのものです。

割印とは、契約の際に本証と控えの境に半分ずつ分かれるように捺印する印鑑のことです。
縦長の楕円形や長方形のものが一般的とされています。

印鑑は、自身を証明する大切な証なので、紛失などに気を付けて保管することが大事です。